健康教育について

子どもたちの健やかな成長のためのキーワード「ウエルネス」。
アメリカで生まれて、YMCAが推進している運動の呼び名です。


健やかな成長を、心と体と精神のすべての面でとらえます。「ウエルネス」の本質は、一人ひとりの体質や個性を大切にすること。子どもはこうでなければならない、というワクを取り払って、その子の未来を考えます。そこから、本当のオリジナリティーを見つけ、伸ばしてあげたい。
それがYMCAの願いです。


■ウェルネス倶楽部 ■サッカー ■小学生バスケットボールクラブ
■幼児体育クラス

YMCAユーススポーツの5ゴール

YMCAでは、ただ単にサッカーやバスケットボールがうまくなることを目的としているのではなく、これらのユーススポーツを通して、以下の5つの目標(ゴール)を目指しています。

(1)楽しみ(FUN)
スポーツから楽しみを取り除けば、スポーツとは言えません。サッカーを通して、一人ひとりが運動することの楽しさを見いだしましょう。
 
 (2)技術習得、向上(SKILL)
基本的な技術の習得、そしてさらに新しい技術を身につけていくことを通して、自分自身の能力を高め、可能性を追求していきます。
 
(3)健康なからだづくり(FITNESS)
身体運動を通して、体力づくりに励むと同時に安全や日常生活における健やかなからだづくりに励みます。
 
(4)公明正大な態度(FAIRPLAY)
味方が良いプレイをしたときに「ナイスプレイ!」と声をかけることができるチームの雰囲気はとても素晴らしいです。また、試合中はもちろんのこと、普段の生活の中で、自らもフェアープレイを実践していくことは、お互いを尊重し、高めあっていくことになります。
 
(5)自分の価値観をつくりだす(VALUE)
サッカーは自分たちで考え、創造するスポーツです。技術の習得だけに偏らず、一人ひとりがもっている価値観を大切にします。チームメイトの中には、いろいろな人がいます。さまざまなプレイの中に、その人なりの創造性があります。また、サッカーがあまり上手でない子もいるかもしれません。でも、その子も一所懸命サッカーをしていますし、サッカー以外に得意なことがあるかもしれません。いろいろなお友達との触れ合いの中で、自分なりの価値を造り出して行きます。
 
以上の領域での調和のとれた成長、発達を促します。

ウェルネス倶楽部

ウェルネス倶楽部のねらい

『より良く生きる』ことを学びます。
「自主性や主体性が豊かで、コミュニケーション能力が高く、人と響き合って生きていこうとする能力」を響生力と呼んでいます。ウエルネス倶楽部では、さまざまな本物体験をすることにより、そこから生じる気づきをもとに、こどもたちが響生力を身につけ、「より良く生きる」ことを自ら選び取りとることを目的としてプログラムを企画します。
一貫して大切にしていることは、

1)自ら行動する、
2)他者と共に考える、
3)構造的に弱者とされている人々のことに気づく。


という3点です。
ますます混迷を深めそうな21世紀に生きるこどもたちが、さまざまな体験を経て、「生きる力、わくわく」キッズとして成長し、より良く生きていくお手伝いをします。

トップへ戻る

2014年度年間行事予定

   4/12 科学遊び
   5/24 動物園の飼育具体験
   6/14 落書き消去活動
   7/12 買い物をして産地を調べよう
   9/27 イルカスイミング
 10/25 ジャンベをたたこう
 11/22 フェアトレードを考える
 12/20 街頭募金
   1/24 アイススケート
   2/14 街の中の化石を見つけよう
   3/14 ファイナル

トップへ戻る

ウェルネス倶楽部活動

ウェルネス015月はピザ窯を作りました。耐火煉瓦を上手に組み上げて、ピザが焼けるように考えながらの作業。
低学年は、缶を使って窯作り。どちらもおいしく出来上がりました。







ウェルネス02

ウェルネス036月は、香川県さぬき市にある「ドルフィンセンター」へ行き、イルカと泳ぎました。初めて着るウエットスーツに戸惑いながらも、海の中に入ると、この笑顔!

 





 

ウェルネス0410月は、ツリーingに挑戦。専用の装具を身につけて、いざ!木登りへ。落下の心配がないので、このように逆さ宙吊りになっても安心。しかも自分のペースで登っていくことができるのが良かったですね。

 




 

ウェルネス0511月は、街の落書き消去活動。毎年1回実施しているプログラムですが、いつも消すところに困りません。それでもこうした地道な活動が大切だと思います。

 





 

ウェルネス062月は、ツインバスケットチームDUNK岡山のみなさんと一緒に、車イスに乗ってプレイするツインバスケットというスポーツを体験しました。チームのみなさんは、頚椎損傷という怪我をした方が多いこと。四肢に麻痺があること。この競技が日本でできたことなどを教えていただきました。

 





>>ウエルネス倶楽部活動紹介ブログ 「ウエルネス倶楽部のひろば」


トップへ戻る

費用について

入会金 1,100円
年会費 3,200円(年額)
登録費 6,500円(年額)
 
場 所 対 象 定 員 活 動 日 登 録 費
岡山市近郊 小学生1~6年生 50名 毎月1回 土曜日
※お便りにてお知らせします。
 4月~
6月入会
6,500円
7月~
11月入会
4,900円
12月~
3月入会
2,700円

トップへ戻る

サッカー

サッカーを中心に、走る・跳ぶ・蹴る・投げるといったプログラムを
総合的に展開します。


今日、運動が苦手で、自ら創造したり、積極的に人と関わって生きていくことができない若者のことがしばしば問題になっています。これは幼児・少年期に夢中になって遊ぶ経験が不十分だったことが原因の1つとして挙げられます。幼児期は、スキャモンの発達曲線に示されているとおり、一般系(筋肉系)の発育は成人の40~50%に過ぎませんが、運動機能の基礎となる神経系の発育は90%を越えるといわれています。

つまり、この時期にオールラウンドな幅広い運動経験を持つことが大変重要なのです。そこで、幼児サッカークラブでの運動の多くは、『遊び』の形式で行われます。遊びに夢中になってワクワクして熱中する遊びの中で、運動エネルギーを発散することで情緒の安定につながり、「心」と「からだ」のバランスのとれた生活が実現できます。積極的に運動を行い、神経系の発達を促し、運動効果を高めていきます。そして、創造性・積極性・協調性といった「生きる力」を獲得していくことをめざします。


幼児サッカー

場 所 曜 日 対 象 定 員 時 間 月 謝
あけぼの公園ほか 4・5歳児 各20名 前期15:00~16:00
後期15:15~16:15
3,200円
大元中央公園ほか 3~5歳児 16:45~17:45
倉敷西岡公園ほか 4・5歳児 15:20~16:20
百間川多目的広場ほか 3~5歳児 14:30~15:30
津島スポーツ広場ほか
ネオポリスグラウンドほか 14:45~15:45
百間川河川敷公園ほか 10:00~11:00
15:30~16:30

トップへ戻る

小学生サッカー

 
場 所 曜 日 対 象 定 員 時 間 月 謝
あけぼの公園ほか 小学校
1~6年生
各50名 16:30~18:00 4,000円
大元中央公園ほか 16:45~18:15
倉敷西岡公園ほか 30名 16:30~17:30 3,200円
津島小学校グラウンド 各50名 16:30~18:00 4,000円
百間川河川敷公園ほか
ネオポリスグラウンドほか 各40名 16:45~18:15
百間川河川敷公園ほか 10:00~11:30
60名 15:30~17:00
女子サッカー 小学校1~3年生 20名 10:00~11:00

トップへ戻る

小学生バスケットボールクラブ

バスケットボールの歴史

バスケ01 バスケットボールは、今から119年前の1892年に、アメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールドYMCAの体育館で誕生しました。当時、冬期の屋内スポーツ考案という課題に取り組んでいたジェームズ・ネイスミスは、子どもの頃に近所の子どもたちと一緒に遊んだ「石あて遊び」をヒントに、桃のカゴにサッカーボールを入れあう、今のバスケットボールの原型となるスポーツを考案しました。その後、ゴールやボールの改良と共に、ルールも整備され、現在のようなバスケットボールができました。
 アメリカのYMCAで誕生したバスケットボールは、急速に普及していき、1904年にはすでにオリンピックの公開競技として行われていた、という記録が残っているそうです。この公開競技は1924年まで続きました。1936年ベルリンオリンピックからは、男子が正式種目として、1976年モントリオールオリンピックからは、女子が正式種目として採用されました。
YMCA略章バスケ03バスケ02
 さて、ネイスミスに「冬期の屋内スポーツ考案」という課題を出したのが、ルーサー・ギューリック博士。彼は、YMCAの赤い三角マークを考案した人でもありました。
 この三角形は、YMCAの全人教育、つまり知性・精神・身体の調和の取れた人として成長することを目指す、という使命を表したものなのです。
 
場 所 曜 日 対 象 定 員 時 間 月 謝
御野小学校体育館 小学校1~6年生 30名 17:30~18:45 4,000円

トップへ戻る

幼児体育クラス

幼児体育グラフマット、跳び箱、鉄棒、平均台などの運動を中心にプログラムを展開します。
  今日、運動が苦手で、自ら創造したり、積極的に人と関わって生きていきていくことができない若者のことが、しばしば問題になっています。これは幼児・少年期に夢中になって遊ぶ経験が、不十分だったことが原因の1つとして挙げられます。
  幼児期は、スキャモンの発達曲線に示されているとおり、一般系(筋肉系)の発育は成人の40~50%に過ぎませんが、運動機能の基礎となる神経系の発育は、成人の90%を越えるといわれています。つまりこの時期に、オールラウンドな幅広い運動経験を持つことが大変重要なのです。そこで、YMCA体育クラスでの運動の多くは、『遊び』の形式で行われます。遊びに夢中になって、積極的に運動を行っていく中で、神経系の発達を促し、運動効果を高めていきます。そして、そのことによって創造性・積極性・協調性といった「生きる力」を獲得していくことをめざします。
曜日 クラス名 時間 対象  場所  月謝 
月曜日 こじかクラス 13:40-14:40 4・5歳児 あけぼの幼稚園(岡山市南区) 3,200円
水曜日 パンダクラス 13:45-14:45 竹中幼稚園(倉敷市)
木曜日 うさぎクラス 15:00-16:00 山陽学園短期大学附属幼稚園(岡山市北区)

トップへ戻る

健康教育Wellness Education

RSS 2.0