社会的養護について学ぶ連続学習会実施ご案内

2014-12-15 (Mon) 20:56
「岡山は社会的養護の先進地」でも、あなたは知っていますか?
社会的養護の真実の姿を・・・

「社会的養護」とは、
様々な理由で家庭で暮らすことのできない子ども達を、
保護者に代わって社会が養育する仕組みです。
現在、日本では46,000人もの子ども達が、
児童養護施設などの社会的養護のもとで暮らしています。

家族の後ろ盾をもたない子ども達。
彼らの抱える困難さを、皆さんはご存知ですか・・・

YMCAせとうちでは、
日本初の孤児院を創設した石井十次にゆかりある岡山市内の学生寮を改装し、
「ファミリーホーム操山寮」を運営しています。

「ファミリーホーム」は、資格をもつ里親が
6名の子ども達に寄り添いながら共に生活をする場で、
入所者数の多い児童養護施設と比べ、
より家庭に近い環境で子ども達のサポートができます。

ファミリーホームの働きを始めて4年。
様々な課題の山積する「社会的養護」ですが、
だからこそ先人の働きに倣い、
困難な状況のただ中にある子ども達と共に歩み続けたい。
彼らと共に、愛に満ちあふれた地域社会を創造したいと願っています。

その輪を広げるため、この度YMCAせとうちでは、
「社会的養護を学ぶ連続学習会(計5回)」を実施します。
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。​

お申し込みは、こちらから。

こころの育て方

お知らせ開催情報やご報告

Blog Calendar

RSS 2.0