ファミリーホームの記事がキリスト新聞で紹介されました

2011-08-22 (Mon) 21:04
キリスト新聞が、岡山YMCAファミリーホーム「操山寮」を記事を取り上げてくれました。
http://www.kirishin.com/2011/
08/2011820-1.html


ファミリーホームでは、定員6名に対して、現在3名のこどもが在籍中です。
今月末にはもうひとり新しいこどもが入所する予定です。

みなそれぞれ課題と深い悲しみを背負っていますが、
共に生活することで、お互いが豊かになっていくような気がしています。
日々いろいろなことがありますが、問題があってあたりまえ。
そのことと向き合っていくことの大切さと豊かさを噛み締めていま
す。

星野富弘さんの詩を思い出します。

よろこびが集まったよりも
悲しみが集まった方が
しあわせが近いような気がする

強いものが集まったよりも
弱いものが集まった方が
真実に近いような気がする

しあわせが集まったよりも
ふしあわせが集まった方が
愛に近いような気がする

私たちは、微力ではありますが、無力ではありません。
日々努力しながらより良いホームを形成していきたいと考えています。
今後ともご支援ください。

新聞の記事は、こちらをご参照ください。キリスト新聞

お知らせ開催情報やご報告

Blog Calendar

RSS 2.0