岡山YMCAが開催する様々な催し物や各種お知らせ

ファミリーホーム創設のための募金

2011-03-10 (Thu) 10:07
岡山YMCAファミリーホーム創設のための
「石井十次記念募金」のお願い

こどもたちを取り巻く環境が厳しくなっています。その影響で、様々な事情から、家族と共に過ごす事ができなくなり、社会的養護が必要になっているこどもの割合は増え続けています。岡山YMCAは源流に岡山孤児院を創設した石井十次が存在し、歴史的にも「こどもたちの健やかな成長」を大きなミッションとして掲げ、歩んできました。そこでこのたび「ファミリーホーム」を創設し、現代社会の中で、最もつらい状況にあるこどもたちと共に歩む事を決断いたしました。場所は、岡山大学YMCAの操山寮跡。100年前に石井十次が始めた岡山孤児院の跡地から始まったこの事業も一定の役割を終え、新たな命を育む場所として生まれ変わります。ただし、この建物、築40年を経過しており、老朽化が激しくリフォームが必要です。そのための費用1000万円ならびに運営費を「石井十次募金」として集めさせていただく事にいたしました。何卒ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
2010年12月24日

岡山YMCA理事長    正野隆士
常議員会議長 三浦克文
総主事    太田直宏

募金期間 2010年12月24日~2012年3月31日
(1)募金要項
名称:岡山YMCA 石井十次記念募金
使途:YMCAファミリーホームのため
目標:1000万円(総工費2000万円)
口数:1口 1万円、1口より可能です。
*募金の趣旨をご理解いただき、何卒、複数口のご協力をお願いします。
対象:個人及び法人、団体

(2)施設概要
名称:YMCAファミリーホーム
住所:岡山市宿本町 
岡山大学YMCA操山寮跡
工事:2011年2月初旬着工
   2011年3月下旬完工(予定)
定員:6名
職員:3名(一緒に住み、生活します)

郵便振替 01250-6-30865 財団法人 岡山キリスト教青年会  岡山YMCA ファミリーホーム創設「石井十次記念募金」
 
■ファミリーホームとは
社会的養護の必要なこどもが増加しています。また、当該児童の中の「チャレンジド(何らかのハンディキャップをもったこどもたち。発達しょうがいを含む)」の比率も増加し、入所者数が多い児童養護施設では、十分なケアができにくい状況です。ファミリーホームは、家庭的な環境の元、小規模でこどもたちをケアする組織です。

■岡山大学YMCA操山寮とは
1910年(明治43年)、岡山孤児院の創始者である石井十次の協力のもと、創設。2010年までの100年間、大学生の育ちの場として運営されてきたが、入寮者の減少から閉寮。新たな命の育みの場として、2011年4月より、ファミリーホームとして再スタート予定。

*寄せられました募金は、改築費用ならびにホームサポート費として使わせていただきます。
財団法人 岡山YMCA 担当:太田 TEL086-223-1509 FAX086-225-1806
E-mail: info@ymca-okayama.org

詳しくは下記リンクよりチラシをダウンロードの上ご確認下さい。
0226冬ガイドファミリーホーム創設のための募金(PDF)

お知らせ開催情報やご報告

Blog Calendar

RSS 2.0