YMCAファミリーホーム開設応援行事 べてるの家の当事者研究

2011-02-20 (Sun) 00:00
緊急のお知らせ

3月21日に予定していたべてるの家の当事者研究は、
東北地方太平洋地域地震の影響のため
予定していた「べてるの家」講師の方々が
来岡できなくなったため、残念ながら中止とさせていただきます。
申し訳ございません。
べてるの家(英語:Bethel'shouse)は、1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点で、社会福祉法人浦河べてるの家(2002年法人化-小規模授産施設2箇所、共同住居12箇所、グループホーム3箇所を運営)、有限会社福祉ショップべてるなどの活動の総体である。
そこで暮らす当事者達にとっては、生活共同体、働く場としての共同体、ケアの共同体という3つの性格を有している。
当事者研究とは「三度の飯より会議」を合い言葉にしており、ことあるごとにメンバー同士で集まり病気や共同生活の事について会議をしている。特に当事者研究が盛んで、自分の病気にオリジナルの病名をつけて毎日の経過をまとめ、報告するのが定例化している。例えば統合失調症の場合、幻聴(何者かの声で自分の悪口を言ったり行動を指摘するもの)が症状として現れるが、この幻聴の声の主を「幻聴さん」と呼び、尊重する事で、幻聴の内容が改善したなどの報告がなされている。

と き:2011年3月21日(休)18時~20時
ところ:日本キリスト教団 岡山教会
      岡山市北区中山下1-10-8  086(222)8074
講 師:向谷地生良(むかいやち いくよし)さん
      *浦河べてるの家理事・北海道医療大学看護福祉学部教授)
        べてるの家の仲間たち 2名
内 容:「べてるの家の当事者研究」
参加費:1000円

主 催:岡山YMCA
問合せ:岡山YMCA   086(223)1509

詳しくは下記リンクよりチラシをダウンロードしてご覧下さい。
0218べてるの家 べてるの家の当事者研究(PDF)

お知らせ開催情報やご報告

Blog Calendar

RSS 2.0